デイリー杯2歳ステークスのレース回顧

デイリー杯2歳ステークスのレース回顧です。(レース予想記事は以下)

レース評価

(2歳限定GⅡ芝 基準指数59)
勝ち馬指数 62
レースレベル 超高
短評:馬場が速すぎたのでちょっと眉唾な指数ですが......レコード通り速いは速いハズです

推奨馬の結果

◎レッドベルオーブ   (1番人気1着)
○シティレインボー   (6番人気6着)
〇カイザーノヴァ    (3番人気5着)
〇コスモアシュラ    (7番人気7着)

スポンサーリンク

レース回顧

このレースは上位3頭が強かったですね。
正直、レッドベルオーブがアタマ二つくらい抜けてると思いましたが、どんどん折り合いが悪くなってる感じで、その分2着3着馬が詰め寄れたかな、と。
といっても、2着3着も普通に強いです。思ったより全然強かった

京王杯の時も感じたんですけど、

基本的に私の考え方としては、
馬場が悪いところで良績≒高速馬場は苦手
馬場が良いところで良績≒重馬場荒れ馬場は苦手

こういう理解で印の強弱をつけていたんですけど、当たり前ですが「どっちもこなす」という選択肢だってあるんですよね。
なので、明確に傾向が出てない内は、決めつけるのは危険だな、と。
例えば、スーパーホープって過去走も指数優秀ですけど、時計掛かる馬場しか走ってないんですよね。
それで3番人気なら......というところだったんですけど、結果が出てない以上はフラットに見ないといけないな、ということは良く分かりました。
これは、京王杯のモントライゼとかユングヴィが馬券になったことと併せても良く分かりました。

血統とか馬体・走法を詳しく見る人なら判断できるんでしょうけど。
私は申し訳程度の知識しかないので、無難に高速馬場実績で強い馬を選ぶなら、今回はレッドベルオーブを軸に置くしかなかったかな、と。そこはもうそれで良かったと思います。
で、相手に高速馬場を走ってるけどそんなに強くない馬を置かない、ということが重要ですね笑

レースは上位3頭が強かったですね、で終わりですけどね。
驚いたのが4着のビゾンテノブファロですよ。
このレベルでも相手なりに走るのか??というところで。
この馬こそ高速馬場向きなんでしょう。また、ここはハイペースで結構スタミナも必要だったと思うんですけど、1600でそれをこなしましたからね。
ただ、このタイプの馬は次走も人気して4着、というパターンが多いですからね笑
本当にここが適鞍だとすれば、今までの無理使いが何だったんだ、という感じですけど。
陣営が思っているより強いんでしょうねこの馬。
......ちなみに、今気になってこの馬主さんの持ち馬を調べたら「プリンニシテヤルノ」って馬が登録されてますけど。
生産がノーザンファームで厩舎が国枝厩舎ですか。。
失礼ながら、馬名だけ見たらこっちが小桧山厩舎感がしますけどね(爆)
プリンニシテヤルノの動向が気になります......

スポンサーリンク

人気馬を軽視するには、やはり追切を見ておくことが大事です。
私が勉強した下の本。基本がわかるので未読の方は是非!

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました