京王杯2歳ステークスのレース回顧

京王杯2歳ステークスのレース回顧です。(レース予想記事は以下)

レース評価

(2歳限定GⅡ芝 基準指数59)
勝ち馬指数 60
レースレベル 高
短評:上位5頭ハイレベル

推奨馬の結果

◎ニシノガブリヨリ (8番人気15着)
○モントライゼ   (2番人気1着)
〇リフレイム    (1番人気5着)
〇ストライプ    (7番人気4着)

スポンサーリンク

レース回顧

スローペースで、実質上位5頭が一団となっての競馬となりました。
切れ勝負となり、外差しの馬が上位に来たのも納得ですが、ここはモントライゼが着差以上に強い内容だったのではないでしょうか。
また、このレースの良いところは、各馬が折り合いをクリアできた、という点がいいところで、
結果として、先々まで楽しめるメンバーが集まっていた、ということが言えそうです。

レベルは高かったと思います。
ロードマックスは2走とも馬場が悪かったので、本来は良馬場切れ勝負に適性があった、ということでしょう。
また、ユングヴィも切れましたね。前走は優秀でしたが、馬場が重かった分懐疑的に見ていましたけど、問題ないです。ただ、超ピッチ走法なので、行く行くは小回りにシフトしていくかな。。

ただ、上の2頭は枠に恵まれた感じもありますが、その点で行けばストライプが、モントライゼの次に強調できる内容だったと思います。
直線で寄られて内目に突っ込んで行きましたが、良く伸びてました。最後は荒れ馬場の分だけ苦しくなりましたが、この馬は強いと思います。
......結果的に対抗にしましたが、本命にしてたら発狂してましたね笑

あとはリフレイム
相変わらず外に張って操縦しづらい感じは残りますが、これも2着3着とは力量の差はないと思います。
ただ、ここも、これまでこの馬が経験してきたスローペースとなりましたが、期待ほど切れなかったかな、という印象。
鞍上も思ったより弾けなかった、とコメントしてましたが、どうでしょう。
このまま小さくまとまっていってしまうかもわからないですね。でも、この馬も水準のレベルはあると思います。

本命のニシノガブリヨリですが、見せ場なく惨敗となりました。
スローペースなので追走が大変、ということはなかったと思うのですが、内が思ったより全然荒れていた、ということもありますし、初輸送でしかもゲートで待たされて、という具合に悪条件が重なっていた気がします。
......まあ力量も足りなかったかもしれないです。何とも言えませんが。

スポンサーリンク

人気馬を軽視するには、やはり追切を見ておくことが大事です。
私が勉強した下の本。基本がわかるので未読の方は是非!

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました