マイルチャンピオンシップのレース回顧

マイルチャンピオンシップのレース回顧です。(レース予想記事は以下)

レース評価

(3歳以上GⅠ芝 基準指数73)
勝ち馬指数 73
レースレベル 水準
短評:スローの超高速馬場で、さすがに前止まらず。結果も順当。

推奨馬の結果

◎サリオス       (2番人気5着)
○ケイアイノーテック  (10番人気13着)
〇グランアレグリア   (1番人気1着)
〇インディチャンプ   (3番人気2着)

スポンサーリンク

レース回顧

ペースはスロー。馬場は高速。下級条件戦ならキレッキレの馬で後ろから届くのでしょうが、さすがにこのレベルでは前が止まってくれないです。

ごく正攻法で力を見せたのは、3着のアドマイヤマーズだと思うんですよね。
いかにも川田騎手らしい、先行してロスなく、盤石の内容だったんじゃないでしょうか。
これより先着した、勝ち馬2着馬が強い、ということだと思います。

インディチャンプも、そのアドマイヤマーズを見ながら、追い出して切れに切れた
すごい脚でしたけどね。こりゃ強いなー、と見た通りに思いましたけどね。

ということで、その2頭をさらに後ろから、追い出し遅れながら、あっさり勝ったグランアレグリアが強かったですね。
指数的には水準ですけど、前に強い馬がいる中で切れ勝るってすごいです。
マイルまでは無敵、と予想でも書きましたけど、もう仕方ないですねこれは。脱帽です。

4着のスカーレットカラーは内に潜って終始ロスなく。
具合はとても良さそうだったのでヒモで指名しましたけど。まずまず頑張ってくれました。
(他に具合が良さそうと思ったケイアイノーテックカツジはどっかいっちゃいましたけど笑)
......なんか、スカーレットカラーが調子が悪い、と言ってた予想家さんを見ましたけどね。
うん、基本的なことはすごい勉強させて貰いましたけど、もう自分で判断しないとダメですね。
追切パターンが変わっても何の問題もない、という意識を植え付けていかないといけないです。

本命サリオスは5着まで。
この馬とグランアレグリアどっちが強いかって期待して、馬券どうこうじゃなくてレース自体を楽しみにしてたんですけどね。
ゲート出てるんですけど、終始何もしなかったですね。
デムーロはヘボなんで3kg減挙げたら?って思ったんですけど、そもそも減量出来ないでしょうから。
デムーロが乗ったら着順を一つ上にしてあげる、とかハンデ上げたらいいんじゃないですかね。
オール連対の馬柱が汚れてしまって残念です。
サリオスに乗ってスカーレットカラーに先着を許した伝説のヘボジョッキーとして末代まで語り継ぐべき愚挙愚行愚鈍騎乗だったと思います。論外。

スポンサーリンク

人気馬を軽視するには、やはり追切を見ておくことが大事です。
私が勉強した下の本。基本がわかるので未読の方は是非!

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました