天皇賞秋のレース回顧

天皇賞秋のレース回顧です。(レース予想記事は以下)

レース評価

(3歳以上GⅠ芝 基準指数73)
勝ち馬指数 73
レースレベル 水準
短評:上位3頭とそれ以外に力の差がはっきりあったでしょうか

推奨馬の結果

◎キセキ      (4番人気5着)
○アーモンドアイ  (1番人気1着)

スポンサーリンク

レース回顧

ジナンボーが引っかかってペースが上がる、と予想したら普通にスローでしたね。
いわゆる決め手比べ、という感じになりました。
あんまり希望的観測は持ち込まない方がいいのでしょうか。。

まあ勝ったアーモンドアイについては、特にいうことなく。
負けるとも思ってなかったですし。
......ただ、今回のパフォーマンスはどうでしたかね?
勿論、相変わらず第一線であることには変わりないのですが、手応えの割にはもたついたのかな、という印象を受けました。
指数はGⅠ勝ち水準ですから文句はないのですが、これまでの内容から見ると物足りなさが残るかなぁ。2着3着馬が、抜群に良馬場の決め手比べが得意、という馬でもなかったので、もっと圧巻のパフォーマンスを見せて欲しかった、というのが本音。
菊花賞の時点では、コントレイルよりアーモンドアイが強い、と思ってましたが、逆転の目もありそうですね。
ロマン派の方からすれば楽しみも膨らむでしょうが、馬券オンリーの私としては、2頭ともジャパンカップに出て欲しくないですけどね(爆)出たらこの2頭ですからね。

2着3着は思ったより走ったというか、良馬場の決め手比べでもパフォーマンスを落とさず、むしろ力を見せたなぁ、という印象。

フィエールマンについては、2000mは距離不足のきらいもありましたが、府中の長い直線で目いっぱい脚を伸ばせば舞台はあうと思ってましたので、連対でも納得。
元々、フィエールマン本命で行こうとしてましたし。
......ただ、やっぱり仕上がりの面がどうかなぁ、という不安が大きかったので。
熱発がありましたし、最終追切も時計いまいちで、何より併せ馬がなかった、というのがね。
ちょっと私としては引っかかったので、これからは入れませんでした。

クロノジェネシスも良く頑張ったと思います。高速馬場は、勿論桜花賞・オークスとこなしてたので、ダメということはないと思いましたが。普通に走れたらこれくらいは、という貫禄を見せてくれたと思います。ただ、変な話去年の秋天なら通じてないと思うので、頭数や相手関係にも恵まれたかな、という気はします。この馬も指数73で同じく勝ち水準ですから、蛇足の話ですが。超高いレベルの中での話です。

以降が結構だらしのない感じ、というか現状の力通りなんでしょうか。
ダノンプレミアムはもっと強い馬です。でも、今回のパフォーマンスを見る限りピークは過ぎましたかね。去年だけ走れば、勝ってておかしくないと思いましたが、みな同じように年を取り、メンタル面でも変わってきますし。ちょっと走れなかったな、という感じです。

本命のキセキですが、力負けですね。
実は、良馬場の府中2000が今でも適鞍、と狙ってみましたが、別にそんなことなかったです
ダメではないと思いますけど。重でも良でも2000でも2400でも変わらなかったです。もうこの辺が一杯でしょうね。

馬券のことで言えば、フィエールマンが手を出しづらい、となってキセキから入ってみましたが、無駄な抵抗といいますか。。
今週から、ブログタイトルの看板を下ろして、この場合普通にアーモンドアイを本命にするブログにします。。当たらないと意味ないですからね。ちょっと狙いすぎました。

スポンサーリンク

人気馬を軽視するには、やはり追切を見ておくことが大事です。
私が勉強した下の本。基本がわかるので未読の方は是非!

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました