11月14日・11月15日平場特別回顧

2週ぶりの回顧ですけど。
土日で10レース予想しましたけど、5レース的中です。
人気サイドばっかりの的中でしたけど......
まあ、半分当たったから良しとしましょう。

私はもう悟りました。
どんだけ強い馬でも、誰が見てもこの馬は負けようがない、という馬でも。
具合が悪ければ走れない。
当たり前なんですけどね。

で、このところ追切追切言ってますけど。
正直、先週はまだあやふやな理解のままでした。
ただ、ラヴズオンリーユーだったり、サンライズノヴァだったり、ちょっと買いづらい人気馬を本命に出来たということはですよ。
少なくとも走れる状態にない馬を掴まなければなんとかなる、ということだと思うんです。

今週も相変わらず追切時計ばっかり見てます。
ひたすらひたすら、紙にラップの踏み方を書きながら、いい時の状態にあるかないかを探ろうとしてます。
ホント、大げさじゃなくて、ここ2週で延べ1000頭は見たと思いますよ。
......チラ見も含めてですけど笑

追い切りを軽視して予想する人は多いと思います。
私も、正直優先順位は下の方でした。
......ただ、じっと見てると、明らかに具合の悪い馬は見えます
そして、私には自作のスピード指数がありますから。
具合が悪くなくて指数が高い馬を選べば。
的中率は確実に上がると思うんです。

ただ、1.1倍とまでは言わないまでも、選ぶ馬はせいぜい5番人気くらいまでの人気サイドが多くなると思うんです。

普通に買ったら儲からない。
的中率に舵を切るならですね。
とにかく回数を重ねるか。
元手を増やして勝負するか。

場数を踏まないとまだ理解もあやふやなので。
とりあえず、今週からはバンバン単複を買っていくつもりです。
そして、両にらみで複コロもチャレンジ
回数と元手ですね。

先に、追切を軽視してる人が多いと書きました。
ギャンブルの鉄則は、人と同じ考えで勝負しないことです。

これまで私は、人と違う馬を選ぶことに努力をしてきました。
今回は、人が見ていない、人が考えていない切り口で勝負しようと思います。
それが、追切を正しく見る、ということだと思います。

散々回り道してきた私が見つけた最後の鉱脈だと思ってます。
それくらい、この追切重視の方針は大事にしたい。
......さんざん走る気のない馬をぼーっと眺めてきたわけですから笑
ここが本当に最後の踏ん張りどころだと思ってます。

ただですね。
需要はさておき、このブログを始めた当初はつたないながらも、本命馬の良さ、特徴を考察してそれなりに熱量を持って書いてきたつもりです。
馬ありきで色々書いてきました。

これからやろうとしていることは。
ひたすらに、追切時計を見て「具合が良いか悪いかの予想をしてですね。
あとは、指数優秀でローテを詰めてない無難な馬を選ぶ「作業」になるとおもうので。

とりあえず、ブログの内容はクソつまらなくなると思いますよ笑
馬本位の予想じゃないですから。

いずれ、状態の良しあしに言及出来る位にわかればいいな、と思いますけど。

......そういったことで、基本的には単複ありきに戻しますけど、3連複の壊滅的な回収率がそのままでは悔しいです。
なので、重賞は引き続き全頭見た上で、3連系もチャレンジはしていくつもりです。

ここの結論にたどり着いたのも、ある意味ブログを始めたおかげかもしれませんが。
これからは「無難軸馬選定ブログ(ちょっとだけ複コロも)」に鞍替えします。(爆)

ハッシュタグ無難軸馬、ですな。

スポンサーリンク

人気馬を軽視するには、やはり追切を見ておくことが大事です。
私が勉強した下の本。基本がわかるので未読の方は是非!

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました