11月21日・11月22日・11月23日平場特別回顧

......思えば、10月の3日間開催の時に。
「馬券当たらねーふざけんなー」
と、これまでやってたことを全部わやにしてですね。
騎手が思い通りに動かないから展開予想にするわ、と。
こいつらがどこに位置取るかを予想したるわ。と。

これも1か月くらいやって「ムリ」ということになりまして......

ここに来て、追切重視して走れない馬を掴まないという方針に変えて。
で、本格的にこの3日間開催から追切重視で臨みました。

多分9割くらい当たるだろうな。
そんなつもりで、土日月で計20レースで軸馬を指名して。
複勝率が4割......(グリグリ人気も含む)という。
惨憺たる結果になったわけなんですが笑

でも追切予想は、すごく楽しいです。ホントに。
走れない馬が見えます。走る馬はまだ分かりませんが。
何より、予想がラク!!
指数で拾った馬が走る状態かを見て行けばいいので。
あとは、まだまだ認識違いもあったりして、3日間で問題も色々見つかったんで。
反省と忘備録を兼ねて、一部回顧してみようと思います。

スポンサーリンク

土曜日

この日は、追切が特別良くは見えなかったけど、まあ普通に走れるだろうと。
明らかに動きが重い、ということもないが、良くはない、という馬を2頭。
東京6R ブエナベントゥーラ
阪神8R サンライズホープ
この2頭が1倍台でぶっ飛びましたけどね笑
......良くはないなら買うな、ということをまず学習したわけですね。
(ブエナベントゥーラは鼻出血発症したみたいですけど)

あとは、折角馬の状態を見ているわけだから、ジョッキーも頼りになるジョッキーを買った方がより無難だ、とあとにして思ったのが、
阪神9Rのもちのき賞
ハンディーズピークを買って5着。まずまず走れたんですけど。
ゴルファーが出遅れまして笑
対抗が2着。穴推奨8番人気が1着という最悪の結果に......
1着福永騎手 2着北村友一騎手 5着ゴルフ(幸)

......この2着の騎手と5着の騎手についてはどちらが上下かは議論の余地はありますが笑
まあ、幸騎手を買っていいことはないですからね。皆さんの持ってる印象通りじゃないかなと。

あとは、阪神最終でシンシティという馬を買ったんですけど。
これも休み明けの人気馬で、追切はボチボチ。(1週前は動いていたけど当週は緩かった)
結果4着だったので、人気サイドならもう少しシビアに見てもよかったかな、というところで。

いざ実践してみると、まだまだ良し悪しの区別がついていなかった感じです。
「当然当たるだろ」と思って結構な散財をしましたが......そういう思い上がりが首を絞めます笑

日曜日

土曜の反省を踏まえて、金額を控えめにして臨んだ日曜日。

サリオスのクソ騎乗で血管が切れましたが、それは回顧記事をご覧ください......

ここは、まず東京8R
トリプルシックスという一番人気馬を買って2着だったんですけど。
ここは、勝ったバナナボートについて取り上げたい。
この馬、ものすごい負荷掛かってたんです。今までにないくらい動いてたんですね坂路追い切りが。
ただ、ローテーション詰まってますし、ここでお釣り残さず仕上げて、果たして馬が走れるか。
実は、先々週それで失敗してるんですよ。
岸和田特別に出たスズカロングが、ものすごい負荷をかけてたんで。
「こりゃお釣り残さずで、速い馬場や坂コースに目をつぶってでも買いたい」と思って。
全く伸びずしんがり負けだったんですけどね。

......やりすぎるのも良くないな、というところで、バナナボートは見送ったんですけど。
この場合、スズカロングは3番人気で。バナナボートは6番人気ですから。
そこは、人気なら嫌って人気薄なら買ってみる、というようなメリハリが必要だったかな、と。

トリプルシックスに自信があったので結局はそれでよかったかな、とは思うんですけど。
人気薄ならいい方に取る、ということで考えるべきだな、と。
ちょっと前までそれが出来てたんですけどね。

あとは、そもそも「負荷がかかってる」場合に、きっちり仕上げてるのか太いから絞ってるのかの判断がまだつかないです。
これは、3日間通していまいちつかめなかった部分。
......おそらく、終いの1ハロンが時計掛かっているようだと、動きが重いから太いのかな、という印象があるので、今週はその辺を意識して臨みます。

あとは、阪神10R西宮ステークスと東京11Rの霜月ステークスですか。
サトノラディウスとエイシンポジション。
どっちも着外でしたけど。
何で輸送競馬??という違和感があった2頭にやられてしまって。
ここは、確証がない中で「こなせるだろう」という希望を持たないべきでしたね。
事実と希望的観測がごっちゃになってしまって。こういうのは軸じゃなくて相手ですよね。

阪神最終はドウドウキリシマで惜しい2着。
単走だと動かない馬が終いそこそこ伸びている、というところ好感して。
こういう当たりを増やしていきたいところです。

月曜日

土曜日は単勝1倍台の馬を2頭選んでぶっ飛びましたけど、その辺よく考えて、
東京9R 東村山特別 コウソクスピード
阪神8R ニホンピロストーム

月曜日はグリグリ人気を飛ばさずに1着2着と進歩がありました笑
......ただ、複勝1.1倍は使い道がないです。。まあ、そこは練習がてら、引き続き来る馬を見る、ということでやっていくつもり。

東スポ杯のジュンブルースカイも何とか3着だったんですけど、1番いい当たりだったのは、
東京10R 晩秋ステークス アイファーキングズ

この馬が2着だったんですけど、予想にも書きましたが、正直この馬大して強くないです......
ただ、出来はとても良さそうだった。
そして、このレースは人気馬が軒並み追切が怪しかったので、舞台適正で軸に出来たわけで。
これは、今までだったら絶対に出来なかったと思うんですよね。
5番人気ってのも中穴ところで、これが一番手ごたえを感じましたかね。
......ヒロイックテイルという単1.9倍の馬が状態微妙と見て勝たれてしまったあたりがイマイチでしたけど、ダメってこともなかったんで。まあまあ。

逆に、外れたレースだと、
阪神9R 秋明菊賞
6番人気ゴールドチャリスが5着という結果。
ここが、半マイル追切で終いが随分掛かってたんですけど、この馬なりに負荷がかかって仕上がってると見たんですが、伸びを欠きました。
......半マイル追切の理想形がよく分からんですね。いってもそもそも負荷が緩い追切には違いないので、終いがかかっているのは良くないのかも。
また、このレースの場合、前が詰まって4角後方という、スムーズさを欠いたレースだったので、そのせいかもしれないですし。判断が難しいところ。

スムーズさを欠いた、ということで言うと、
東京12R クインズサン 9着

出来は良かったと思うんですけど......
距離短縮でテンに置かれて、しかも内が荒れてる馬場の内枠で、必要以上に後方に構えて外に出そうとしたら出せずに終始荒れてる内を走らされて、しかもドスローに嵌る、という。
レースにならなかったですね笑

阪神9Rと東京12Rは芝のレースだったんですけど。
芝のレースは詰まりやすい、馬場バイアスに影響されやすい、ということで力量だけでは測れない部分も出てくるな、と。
穴軸から3連系の馬券、というならそこに目を瞑ってもいいでしょうが、「無難」な軸馬を選んで的中率を上げたいんですよね。

ということは。
芝のレースは先行馬を買う外枠の馬を買う、これを徹底したほうがいいと思います。
腕が甘い、と言っちゃえばそうなのかもしれませんが、物理的に内枠から外に出すことを期待しても仕方がないので。スムーズにレースできる馬を選びたいところ。

ダートについては、特に下級条件なら鈍足の馬が多いし、上りもかかってばらけるんで、力通りに買えばいいかな、と、今のところは思ってます。砂被りだけ気にしておけば。

ということで、色々書いてきましたけど。
追切の見方自体は、これはもう実践あるのみ。
私なりの追切時計の見方は、ジャパンカップの予想記事で書こうかな、と思ってます。
あとは、どの馬を拾うか。どの馬を嫌うか。
......終わりがないですけど、一時期よりは大分モチベーションが上がってきましたよ!

スポンサーリンク

人気馬を軽視するには、やはり追切を見ておくことが大事です。
私が勉強した下の本。基本がわかるので未読の方は是非!

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました