中山金杯の予想

これを書いている時点でオッズがまだ出ていないんで、どんな感じかわかりませんが、そんなに人気ないところからまずは行ってみようかなと。
新年一発目ですからね。ブログタイトルの通り中穴馬(多分)で運試しと行きましょう。

スポンサーリンク

出走馬

指数表

4・6・8
1・14・16
2・7・9・10・11・12・13・15・17
スポンサーリンク

予想

指数で見ると◎3頭・○3頭で、◎から順番に考えて行きたいんですけど。
で、時計が掛かる決着に適性がある馬で、Cコース替りで出来れば内枠か先行馬を重視したい、というコンセプトになります。

普通に考えると、指数◎のカデナが実績最上位だと思うんですけどね。
枠も内目の枠です。
......ただ、良いのは枠だけって感じで。
平坦小回りで一瞬の脚を活かす型だと思うんですね。
急坂、斤量も重く、多頭数で捌きにもたついて位置が置かれるようだと間に合わない、と。
3重苦という気がするんで、やっぱり押さえが一杯。
消してもいいくらいなんですけど、まあ枠は良いので。相手も弱いので押さえはします。

指数◎は、あとはマイネルサーパス。これも内枠です。
これも位置取りを除けばカデナと似たような感じで、じっとして終いの一足を活かしたいと。
で、平坦向きだと。
さらにこの馬の場合は近況が悪すぎるんで。。
カデナよりもっといらないと思うんですけど、内枠なのでね。。押さえはしようかなと。

残った指数◎はリュヌルージュですけど。
......まあこれは悪いことがそんなにないと思うんで、これが軸でいいかなと思うんです。
分かりやすく、ハンデ戦で良績がありますし。中枠ですけど、先行好位で立ち回れそうですし。
時計掛かった方がいいでしょうしね。あんまり嫌う材料が見当たらないです。
強いて言えば、中井騎手に新年の運試しを託すのか、という問題がありますけど笑
団野騎手は元々同厩舎のトリプルエースで京都金杯に出る想定でしたし、ハンデも軽ければ一流どころはよほど脈がないと乗ってくれないでしょうから。
中井騎手だから脈無し、ってことはないと思うんで。出来もいいらしいですし。これで行こうと思います。

相手どうするか、決め手に欠けますけど。
テリトーリアルディープボンドの2頭に絞ります。

テリトーリアルは前々走早めに動いたら差されて3着。前走はそれを意識して動かなかったらドスローに嵌るという。
さっさとジョッキー替えろとは思いますが笑
今回は順番的に積極的に前に行く番ですからね。内枠で。
まあこれは買っておきたいです。
能力的にそこまで評価できないのと、ローテが詰まってるんで、その分どこまで頑張れるかでしょうか。

ディープボンドについては、菊花賞についてはとても評価してますが、その前は指数的には評価していないです。ただ、展開や馬場バイアスに逆らったレースばっかりしているとは思うので、地力はある馬だと思うんですね。
2000は正直距離不足だと思いますけど、時計かかる決着はいいと思いますし。
とにかく、前走パフォーマンスを一気に上げて、まだキャリアも浅い、というところは強調できると思うんで。さらに上積みがあれば。相手も弱いですし、今回は重く評価をしたいです。

あとは先に言ったカデナマイネルサーパスを3連複の3列目。
そこに追加で、枠とか厳しいですけど、舞台自体は合いそうなヴァンケドミンゴ
福島と中山って坂の有無以外は似たようなコース形態だと思ってるんで。押さえる位は。
あとは、前に行ってくれるなら、という条件付きでダーリントンホールまでですね。
外枠のデムーロとかホント期待したくないです......

まとめ

◎リュヌルージュ
○テリトーリアル
○ディープボンド
△マイネルサーパス
△カデナ
△ヴァンケドミンゴ
△ダーリントンホール

スポンサーリンク

人気馬を軽視するには、やはり追切を見ておくことが大事です。
私が勉強した下の本。基本がわかるので未読の方は是非!

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました