2021年 天皇賞春の予想

青葉賞は全く大ハズレでどうしようもなかったんですけど。
他の予想の方が、軸馬がほとんど来たのに相手がちぐはぐ、という、そっちの方が大問題って感じでしたね笑

元々考えていたことと全然違う形の予想になっていたんで、まあ、ここで腐らずもう1回やっていくんですが。
1つあるのは、一つのレースで5頭から7頭の間で馬を選ぶ、というルールで行くはずだったんですが、何でか完全に無視してましたね(爆)

アホだなぁ、と自分で思うんですけど、やっぱり当たるだろうと思って力んでしまうとおかしなことになりがちなんで。
まだ、予想の仕方が身についてないみたいですから、いつも言ってることですけど繰り返し繰り返しで。やっていきましょう。

さて、MAX7頭まで、と縛ったんですが、このレースの指数◎は5頭います。
で、この5頭の内、4頭は時計が掛かる馬場向きだと思います。
……でも、今の阪神は、雨だろうがなんだろうが、馬場は速いです。

そうすると、指数◎は消さない、というマイルールがあるので、残り3頭の枠で高速馬場に対応できる軸馬を1頭用意する、という予想になります。

なので、正直手が回らない馬も多く出てきます。
今回は、いきなり買う馬からスタートしようかなと。

スポンサーリンク

出走馬

指数表

1・3・6・12・14
15・17
1・6・12・14

買う馬

馬名指数コメント
オーソリティ高速馬場大丈夫
カレンブーケドール距離長いと思うが、前走2500の指数優秀なのは好材料。馬場問題なし
ディアスティマ近2走は優秀。高速馬場大丈夫
ワールドプレミア時計掛かる馬場向き
マカヒキ時計かかればもっと積極的に買いたかった。。
ディープボンド時計掛かる馬場向き
ウインマリリン時計掛かる馬場向きの上に距離も長いかも
印……◎軸馬 ○馬連・ワイド相手 △3連複ヒモ

もう、アリストテレスとか手が回らなかったんで、極力被害が少ない様に2列目を絞りました。

指数◎だと、カレンブーケドールは高速馬場全く問題なしなんですが。
この馬は常々府中の2400がベストパフォーマンスが出せる、と言ってますんで、普通に考えれば距離は長いと思うんです。
ただ、前走の日経賞で、初めて2500でまともな指数を出した、ということが好感できるので、今ならさらなる距離延長に対応できる可能性もあります。
日経賞の1着馬と3着馬は、元々が時計掛かる馬場向きなので、今回パフォーマンス下げる可能性がありますが、カレンブーケドールはそこに割引はないです。

……まあでも距離対応が必ずできる、という根拠もないです(爆)

そうすると、距離実績あって高速馬場で走れる指数上位馬って、オーソリティしか残ってないんですね。
この馬、右回りで目立つ実績がないんですけど、デビューから振り返っても、ドスローか重たい馬場しかやってないんですよね。

なので、別に府中専用とも思わないですし、この人気だったら全然買えるな、という感じです。

スポンサーリンク

人気馬を軽視するには、やはり追切を見ておくことが大事です。
私が勉強した下の本。基本がわかるので未読の方は是非!

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました