2021年 ニュージーランドT・阪神牝馬S・桜花賞 レース回顧

3重賞が堅い決着で。
私も非常に無難な所で印回したので、軸馬も2勝2着1回と、いい結果でしたけどね。
シティレインボーなんか買えないですけどね......あんなのどうやったら拾えるんでしょうか。。

スポンサーリンク

レース回顧

ニュージーランドトロフィー

基準指数:63
勝馬指数:69
レースレベル:勝ち馬強すぎ

流れが締まって馬群も詰まって、展開に有利不利なく。
力の差がそのまま着順に出た感じですけどね。

予想の段階で、バスラットレオンが堅軸だと思うけど、輸送を控えて折り合いが心配、ということを書きましたけど。
恐れ入りました、という感じで何の問題もなかったですね。
1頭だけの競馬で指数もGⅠ勝ち水準に近いところで出ましたから。
府中で勝ったら本物でしょうけど。この馬はGⅠ勝ちを狙えるレベルでしょう。
2歳のフューチュリティステークスも内容は強かったですからね。

まあ、私があえて言うなら「帰厩時にうるさくなってきた」というコメントを見て序列を下げた、という経緯がありますので、調教助手さんに「いらんことをいうな」と文句言いたいくらいですかね笑
とにかく、ここは完勝ですし、優秀です。

バスラットレオンの代わりで軸にしたタイムトゥヘヴンは2着まで。
外差し利くと見たら、思ったより内も悪くなかったんですけど、地力に勝って2着に持ってきた感じです。徐々に前を伺いながらうまく乗ってたと思いますし、馬も操縦性が高いんでしょう。
軸にしたとは言いつつも、マイルは距離不足だろうと思っていたのですが。
指数も水準で出てますんで、距離に融通が利いたのは収穫があったのではないでしょうか。
......NHKマイルで好走するイメージはないですけどね。ラジニケとかなら、という感じ。

......理解不能なのが3着のシティレインボーですね。
これだけキャリアのある馬で、そう変わり身はないと思ってたんで、全く検討もしてなかったんですけど。
相変わらずジョッキーは「馬は頑張ってる」しか言わないんで、なんだか分からないですね。

出来が良かったのかと思って追切時計を改めて見ましたけど「なんじゃこりゃ」って感じでテンに飛ばして終いバタバタの追切になってますね。
......これはもう分かりません。テン乗りジョッキーのファインプレーと言うことにしておきます。。

ともかく、ここは勝ち馬超優秀。2着馬が頑張って3着がボチボチ。
評価はこの3頭だけですね。

阪神牝馬ステークス

基準指数:69
勝馬指数:66
レースレベル:超低レベル

ここはそんなにいう事がなくて。
戦前から、レベルが低いということは言っていて、その通りの低レベル戦。
距離に不安がある馬も多くて、スローになった分切れる脚があれば、という感じで。

本命はデゼル。川田騎手サイコー。以上。

それしか言うことないです笑
まあデゼルは出来が良さそうでしたし、指数で唯一の上位評価だったマジックキャッスルは、休み明けなりの仕上げだったと思うので、その差もあるでしょう。

このレースが、何かに繋がるとは思わないので。回顧はこんなところです。

桜花賞

基準指数:70
勝馬指数:70
レースレベル:水準

ここはペースも馬群もフラット。展開の有利不利なし。
締まった好レースで、しかも時計勝負でGⅠレース、ということになりますから、文句なく好内容でしょう。

4着と5着でかなり差がつきましたが、指数でも、勝ち馬2着馬はGⅠ勝ち水準、3着4着は及第点、5着以下は低レベルです。

私は5頭に印回しましたけど、重馬場のアネモネステークスが優秀だったジネストラはどっか行っちゃいましたけど笑
残りの4頭で1~4着でしたから。指数通りで評価通り、ということで。
いつもこんな簡単ならいいなぁと思いましたけどね。

結局、ジュブナイルフィリーズが水準のレベルで、そこがそのまま持ち越されて。
ファインルージュは、フェアリーステークスが優秀な所に来て、追切からも上積みがありそうでしたし。
アカイトリノムスメ良く頑張りました、というところで笑

もう本当に力通りだったと思います。
あと、暮れの阪神ジュブナイルフィリーズって、馬場状態凄く良かったんで、ソダシに本命打つのに、躊躇はなにもなかったんですけど。

メディアとかで、ダート血統だから時計勝負は無理、とか言ってる予想家さんをチラホラ見かけましたけど、ホントいい加減なこと言ってるっていうか、罪は重いと思いますけどね。
ソダシは最終2番人気でしたからね。

人の話は話半分で聞いておけばいいんですよ。
だから、このブログに書いてることも話半分で見ておいてください笑
まあ、脱線しましたけど、オークスでも大幅に序列が変わることはなさそうですね。
あとは、どの馬に本命を打つかは、またこれから考えます。

回顧はこんなところで。
決着が堅かったので、軸馬3好走でしたけどね。
まあ、これを続けていければ、という感じです。

スポンサーリンク

人気馬を軽視するには、やはり追切を見ておくことが大事です。
私が勉強した下の本。基本がわかるので未読の方は是非!

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました