阪神カップのレース回顧

頭の中は金杯のことしかもうないんですけど......
やり残していた阪神カップの回顧を済ませてしまいましょう。

阪神カップのレース回顧です。

レース評価

(3歳以上GⅡ芝 基準指数67)
勝ち馬指数 70
レースレベル 超高
短評:インディチャンプは1200は無理では??

推奨馬の結果

◎インディチャンプ (1番人気3着)
○クリノガウディー (7番人気5着)
○ダノンファンタジー(4番人気1着)
○フィアーノロマーノ(3番人気9着)
○サウンドキアラ  (5番人気4着)

スポンサーリンク

レース回顧

ペースもフラットで展開の有利不利なく、力勝負でした。
インディチャンプが差し損ねた様に見えますが、上位2頭を褒めるべきかな、という感じです。

先に2着のマルターズディオサについてですけど、すみませんが、過去走全く指数で評価できる点がなかったんで、これはお手上げでした......
私の場合は、近5走で見るんですけど、チューリップ賞がぼちぼち、桜花賞は馬場が悪くて、あとは2000m以上ですから、ここで初距離の変わり身を見せられてしまったか、というところで。
適距離がここなんでしょうかね。
これは仕様がないです。次走以降はケアすることになりますんで、また改めて考慮の内に入れて、というところです。

勝ったダノンファンタジーも、一応相手関係を見て連下にはつけましたけど、こんなに鮮やかに勝つとは思いませんでした。
ヴィクトリアマイルは、GⅠ水準としては評価してませんけど、格落ち戦なら、というところで。
正攻法で見た目に悪くなかったんですけど、最後に伸びを欠いていたんで、短縮はいいかなぁとは思っていましたが、ここまで変わり身を見せるとは、という驚きがありました。
強かったですね。枠良くロスなくではありましたが、指数としては超優秀となりました。

インディチャンプは、一番無難かな、と思って本命にしましたけど、悪くはないが物足りず。
改めて見返してみると、マイルでも実はそんなに位置が取れていないので、テンに置かれるのは仕方がないところ。他の馬を検討しても良かったかもしれません。安易な予想になってしましたが、まあ最低限でしょうか。
ただ、この内容では、スプリント戦の対応は無理なんじゃないかな。。
本当に高松宮記念とか目指すなら、前哨戦は1200を使って欲しいですけどね。直行ローテだったり、1400mを使う様なら、ちょっと買いづらい、という印象。
......まあスプリントがマイル戦の叩きかもしれないですけど。普通にマイラーズカップ出せばいいのにって思いますけどね。

じゃあインディチャンプではない馬で何を本命にしようかとなると、私の中ではクリノガウディーだったんですけどね。
幸騎手だからやめる、という己の判断を褒めたいです笑
差しに回って、うまく捌いたとは思いますけどね。
差しに回るんじゃねえよという話なんですけどね(爆)
ちょっと出負けしましたけど、早々に控えて、引っ張り倒すというね。
......まあインディチャンプ軸で良かったですわ。
この馬の場合、前に行けばいいのに「控えてこそ」と無駄な指示を出す調教師も個人的に相当やばいと思ってるんで、もしかしたら陣営のオーダーかもしれませんが。

指数的には、7着同着のレインボーフラッグジャンダルムまでが評価できる内容。
団子の入線でしたからね。外差し利くけど内も悪くなく、という馬場だったので、中枠の馬が一番割喰った感じかもしれないです。

よくわからなかったのはフィアーノロマーノの凡走ですけど。
ジョッキーは前残りのレースで控えた責任を感じるようなコメントでしたけど。
私の判断としては前残りではなくて、勝ち馬が強かったと思ってるんで。
この馬は好位差しの型ですから、クリノガウディーと事情が違うのでね。
手応えも良くなかったですし、前走が稽古が不足している中で走りましたから、もしかしたら反動がでたんでしょうか。
具合は良かったと言ってますけどね。ちょっとよくわからないです。

スポンサーリンク

人気馬を軽視するには、やはり追切を見ておくことが大事です。
私が勉強した下の本。基本がわかるので未読の方は是非!

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました