エリザベス女王杯のレース回顧

エリザベス女王杯のレース回顧です。(レース予想記事は以下)

レース評価

(3歳以上GⅠ芝 基準指数73)
勝ち馬指数 73
レースレベル 水準
短評:力通りでGⅠ水準。サラキアがこんなに走れるとは......

推奨馬の結果

◎ラヴズオンリーユー  (3番人気3着)
○ソフトフルート    (6番人気6着)
〇エスポワール     (8番人気17着)

スポンサーリンク

レース回顧

ノームコアが飛ばして、番手以降はフラットな流れ。番手が川田騎手だったので、変に焦ることもなく全く五分で力勝負になったでしょうか。

ラッキーライラックは順当勝ちでしょう。
私はそもそも距離も長いと思ったし、かなり引っかかる感じが出てきてるかなぁ、と判断したので、距離延長の大外枠では食指が伸びず、抜けにしたんですけど。
終わってみれば、という感じでしょうね。
追切の見方を間違っていた、ということもあるんですけどね......
掛かり気味だったのは間違いないと思いますが、終いの脚力がものすごくて全体時計が出すぎてたことで、却って判断を見誤ってしまいました。この辺はまだまだ勉強しないといけません。
まあ、普通に走れれば実力一番、ということは誰が見ても明らかなので、特別言うことはないです。
横綱競馬でGⅠ勝ちにふさわしい内容でした。

ラヴズオンリーユーは、近走の1600・1800・2000、というのは明らかに距離不足だと思ってましたし、高速馬場の距離延長で条件は揃っていたと思います。
ここ最近では明らかに一番良い内容でしたが、ちょっと足りなかったですかね。
ドバイ遠征明けから、どうしても当週攻め切れない感じが続いてますので、その分でしょうかね。

2着のサラキアは、正直メディアに出ている予想家さんも評価は低かったんじゃないでしょうか。
私は、3連複のヒモにしましたけど、指数で言えばノータイムで消し、というレベルの馬です笑
だから、先々週までなら「馬が弱い」の一言で消したと思うんですけど。
とにかくデキはすごい良さそうだったんでヒモで押さえました。
そして、これだけの走りが出来た、ということであれば、ここに来てのもう一段の成長があるのかもしれないです。
ちなみに、なぜ出来がいいか、と判断したかについては詳しくは言えません。
まだ、追切の見極めは良く分かってないのであやふやな理解で言うべきではないと思うので。
一応、最終追い切りを14-14で入って全体時計をしっかりまとめたから、とだけ言っておきます。

あとはウインマリリン。まあ、これは通った位置を考えれば上位3頭には完敗だと思いますが、指数72で、それは優秀。古馬GⅠでも馬券になってもいいだけの力を見せてくれました。
......この馬は普通に強いと思いますけどね。デアリングタクトより将来性が。。
あるかもしれないし、ないかもしれない笑
好きな馬ですけどね。

指数的にはここまででしょうかね。
ちなみに、ノームコアに関しては追切がぐちゃぐちゃでさすがに走れないのは明白、という感じだったので。この結果も致し方ないでしょう。1週前の土曜日に直線強めの追切って明らかに動けてないですし。当週も想定したであろう時計がクリアできてないですし。
私は無印でしたけど、まあラッキーライラックが状態悪いと思った男ですからね(爆)
もう少し分かるようになってきたら徐々に後だしジャンケンをやめて理由を書いて行こうかな、とは思ってます。
......しかし、高評価したのにド凡走したエスポワールみたいな馬を掴まないために追切を見始めたわけですからね。まだまだ勉強です。

スポンサーリンク

人気馬を軽視するには、やはり追切を見ておくことが大事です。
私が勉強した下の本。基本がわかるので未読の方は是非!

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました